Kagawa
Okayama
Topに戻る
Hyogo
Hiroshima
 
 岡山県東南部にあります
 
 佐伯地域
 和気地域

クラブ紹介

 たちの町は、平成18年3月1日に旧佐伯町と旧和気町が合併して「新和気町」となりました。
 
 
旧佐伯町は、縄文末期から弥生時代に稲作、砂鉄製鉄を基本に栄え育まれ、 吉井川以西の一帯は小規模ながら八幡宮古墳にみられる前方後円墳をはじめ 横穴式の古墳が多く発見されています。また、中世末期、戦国時代には浦上宗景が天神山に築城して、備前・美作の地域 に武威を張り、藩政の頃は池田藩家老土倉氏の領地で、吉井川を上り下り した高瀬舟の寄港地として商業が栄えました。旧町内には、タンチョウの飼育で有名な「岡山県自然保護センター」、観光りんご園や多目的広場がある「三保高原スポーツ&リゾート」があり、最近では自然保護センターの近くにギャラリー「八代窯」がオープンし、歌手八代亜紀さんの絵画やご主人作陶の陶器が展示されていますす。
 
 
旧和気町は、北から流下する吉井川と町を二分して東から西に流れる金剛川との合流地域で、古くから高瀬舟や渡し舟で南の備前、北の美作を結ぶ交通の要衝として栄えてきました。また、奈良時代から平安時代への転換期に中央政界で重きをなした和気清麻呂公の生誕地として知られています。現在はJR山陽線の和気駅南の国道沿いに大型ショッピングセンターが出来て賑わいが駅前から南側に移動しています。旧町内には旧家「大國家」や桜の名所の「芳嵐園」、その近くには全国の藤を集め、日本一を誇る「藤公園」、また、吉井川沿いでは夏の夜を彩る「和文字焼きまつり」が開催されています。

 962年(昭和37年)2月11日、旧和気町、旧佐伯町、旧吉永町及び旧熊山町の有志で和気ライオンズクラブが結成されました。同年11月11日 岡山ライオンズクラブのスポンサーで、チャーター・ナイト(認証状伝達式)があり、和気ライオンズクラブが正式に誕生しました。
 
 
ラブの事務局は当初は和気商工会内に置き、事務局には専従職員がいましたが、1992年(平成4年)に新しい和気商工会館が建設されたことに伴ない、事務全般を商工会に委託することとなり、現在に至っております。  

 たちクラブの奉仕理念は、青少年の健全育成と地域のニーズを先取りした活動であります。古い会員は新しい会員をフォローしながら融和協調、和気藹々の絆をもとに、新たなる奉仕の軌跡を創造しようと、元気で生き生き、最善の努力を傾注している現状です。       

1962年(昭和37年) 2月11日 結成式
   同    年    11月11日 チャーターナイト(認証状伝達式)
1967年(昭和42年)11月13日 認証5周年 記念式典
1972年(昭和47年)11月12日 認証10周年 記念式典
1977年(昭和52年)11月14日 認証15周年 記念式典 和気農協
記念事業「堂山ふれあいの森」の整備(1989年廃園)
1982年(昭和57年)11月14日 認証20周年 記念式典 和気農協
1987年(昭和62年)11月15日 認証25周年 記念式典 和気町総合福祉センター
記念事業「大村昆氏による記念講演の開催
1992年(平成 4年)11月15日 認証30周年 記念式典 和気町総合福祉センター
宇佐ライオンズクラブと姉妹縁組調印
記念事業「ヘリポート広場」(元ライオンズの森、現ライオンズパーク)に記念植樹
1997年(平成 9年)11月 9日 認証35周年 記念式典 和気町総合福祉センター
記念事業「和気ライオンズクラブ・少年サッカーフェステバル」の開催 
2002年(平成14年)11月17日 認証40周年 記念式典 和気町総合福祉センター
記念事業「海上自衛隊呉音楽隊のフルコンサート」の開催
2007年(平成19年)11月17日 認証45周年 記念式典 鵜飼谷温泉
記念事業「ライオンズパーク」の再整備
2013年(平成25年) 1月19日 認証50周年 記念式典 和気町総合福祉センター
  記念事業「湯郷ベルの選手によるサッカー教室」「福元、宮間選手のトークショー」の開催
  アーサー・ビナードさんの記念講演会開催(2月10日)
2018年(平成30年) 3月18日 認証55周年 記念式典 和気町総合福祉センター
  記念事業「和気アルプスの魅力発見登山」
記念事業「登山家 栗城史多(くりきのぶかず)氏の講演会